オリジナルエコバッグを作るメリットとナイロン生地の特徴について

2020-07-15

環境保護の観点から、レジ袋に代わってエコバッグを使うことが推奨されています。使い捨てのレジ袋とは異なり、何度でも繰り返して使うエコバッグは資源の無駄遣いを防ぐ効果があるとされているためです。また、人の目に触れやすいことから宣伝効果が高いノベルティグッズとして多用されています。

オリジナルデザインのエコバッグを作るメリットやナイロン生地を使う際の注意点について学びましょう。

エコバッグは高い宣伝効果が期待できる

買い物の際の必需品とも言えるエコバッグですが、便利な実用品としての用途以外に高い宣伝効果を持つ広告媒体としての側面も併せ持っています。購入した物を入れて持ち運ぶために使うエコバッグは用途の性質上、多くの人の目に触れます。

その点が広告媒体として評価され、会社や商品の名前を印刷したノベルティグッズとして多用されているのです。多くのレジ袋には販売店の名前が印刷されていましたが、これも買い物袋が人の目に触れる機会が多い、優秀な広告媒体と見なされていた証と言えます。

エコバッグは何度も繰り返して使う物なので場所を選びません。そのため、レジ袋よりも人の目に触れる機会が多く、それだけ宣伝効果も高くなると言えるでしょう。

オリジナルデザインのエコバッグを作る方法

会社や商品の名前を印刷したエコバッグをノベルティグッズとして配布することで、長期間に及ぶ高い宣伝効果が期待できます。その一方で長く使ってもらえるエコバッグを作るにはデザインのセンスが良いことが重要な条件になるのも事実です。

エコバッグは単なる実用品ではなく、持つだけで楽しいおしゃれアイテムとして扱う考えが広まりました。可愛らしいデザインや高級感のあるデザインなど、買い物のお供という範疇を超えたファッションアイテムとしてのエコバッグが増えているのも事実です。

そのような状況において、無料で配るノベルティグッズとしてのエコバッグを長く愛用してもらうのは決して容易なことではありません。何度も使いたいと思わせる、秀逸なデザインが求められます。エコバッグを作るならノベルティグッズの作成を手掛ける専門業者に任せるのが無難です。

多くの人が関心を抱き、長く使い続けるデザインにまとめる技能を持っているのが専門業者のメリットと言えます。業種のイメージに合わせてデザインをしてくれるので、より効果的に宣伝することも不可能ではありません。

エコバッグのサイズや枚数、使用する生地の材質によって費用が異なるのでその点は注意する必要があります。基本的に作る枚数が多いほど、一枚当たりの単価は安くなると言えるでしょう。また、サイズが大きいほど費用が高くなりますが、特殊なサイズは小さくてもコストが嵩むので慎重に判断しなければいけません。

軽くて摩擦に強いナイロンはエコバッグに適した化学繊維

エコバッグに使われる生地は大別すると天然繊維と化学繊維があります。このうち、化学繊維はさらに様々な材質がありますが、中でもナイロン繊維は軽くて摩擦に強く、伸縮性に富んでいることからエコバッグに最適とされています。

エコバッグは購入した物を入れるための袋ですが、その内容物は様々です。非常に重たい物もあれば角ばっている物もあります。生地が脆いと重さや角ばっている部分の圧力に負けて破れてしまうおそれがありますが、ナイロンはクモの糸より細く鉄よりも強いと言われているほど頑丈な化学繊維なので、多少の重さや圧力ではびくともしません。

特にナイロンの特徴である伸縮性は様々な形状に対して柔軟に対応できることを意味しています。そのため、他の繊維では破れてしまうような形状の物を入れてもナイロン製の生地なら無傷で持ち運びができると言っても過言ではありません。

また、ナイロン繊維は摩擦に強いので、使い続けているうちに穴が開いて内容物が落ちてしまう心配がほとんどありません。エコバッグは何度も繰り返して使う物なので、頑丈な生地を使う必要があります。ナイロンは繊維が非常に細いので、生地を薄く保ったまま高い強度を持たせることが可能です。

生地が薄い分、使わない時は折り畳んでコンパクトにまとめることができます。その一方でナイロンは他の化学繊維と同様に熱には弱いので、決して火気を近づけてはいけません。紫外線に長時間当たると黄ばみが生じてしまい、見栄えが悪くなるのもナイロンの欠点です。

ナイロン製のエコバッグの洗い方

エコバッグを使う際に注意する点として衛生管理があります。何度も使い続けるうちに様々な汚れが付着し、不潔な状態になってしまうのは避けられません。エコバッグは用途の性質上、食品や衛生用品も入れることがあるので常に清潔な状態を保つことが望ましいと言えます。

ナイロン生地を使っているエコバッグも長く使えばそれだけ汚れてしまうことから、定期的に洗濯を行って綺麗にすることを忘れてはいけません。家庭用の洗濯機で洗うことができますが、ナイロンは熱に弱いので乾燥機を使うことはできません。

また、シワを伸ばすためのアイロンも当てることはできないので、洗濯の後はシワができないように生地をよく伸ばして形を整え、風通しが良い日陰で干します。ナイロン生地は水を吸わないので短時間で乾きますが、サイズが大きい物やナイロン以外の繊維が混ざっている場合はその限りではないので注意が必要です。

また、ノベルティグッズとして配ったエコバッグの場合、洗濯すると会社名などを印刷した部分が剥がれてしまうことがあります。色落ちの可能性も否定できないので、洗う際は他の洗濯物とは別に扱うのが賢明と言えるでしょう。

ナイロン製のエコバッグに適さない物について

エコバッグは購入した物を収納する買い物袋ですが、生地の材質によっては入れるのに不向きな物があります。ナイロンをはじめとする化学繊維の場合、精密機器を含む電気製品は避けるのが賢明です。化学繊維は静電気が発生しやすく、電気製品が故障するおそれがあるためです。

エコバッグに静電気の発生を防ぐ加工を施すことも可能ですが、それでも静電気を完全に予防できるわけではありません。万が一のトラブルを避けるためにも、電気製品を購入する際は静電気が発生しにくい天然繊維の生地で作ったエコバッグを使うのが正しい方法です。

繊維の特徴を把握するのが高品質なエコバッグを作る秘訣

オリジナルデザインのエコバッグを作る際、見栄えの良さやサイズの大きさにこだわるのはもちろん、生地を形成する繊維の特徴を正しく知る必要があります。耐久性や伸縮性、静電気の有無などを把握するのが高品質なエコバッグを作るために必要な心得です。

宣伝を目的として配布するノベルティグッズは会社や商品のイメージを左右することもあるので、品質へのこだわりを疎かにしてはいけません。

オリジナルエコバッグの種類と必要性

参考「MUAプロモーション - オリジナル エコバッグ」https://bag-factory.online